クリード チャンプを継ぐ男

「クリード チャンプを継ぐ男」

 

f:id:horirinn:20190928130930j:plain

 

 

日本公開日 2015年12月23日

上映時間  133分

ジャンル  ドラマ

監督    ライアン・クーグラー

出演者   マイケル・B・ジョーダン
      シルヴェスター・スタローン
      テッサ・トンプソン

 

 

超有名映画「ロッキー」シリーズに継ぐ、新たなる物語!!

 

youtu.be

  

  

 

 あの名作が新しい世代に引き継がれる

1作目から40年、6作目の「ロッキー・ザ・ファイナル」から9年が経った2015年に公開されたこの「クリード」。ロッキーシリーズの続編映画です。ロッキー・バルボアのライバルだったアポロ・クリードの息子であるアドニス・クリードが今回の主人公。そのアドニスが伝説のボクサーでもあったロッキーに力を借り、強敵に立ち向かう物語。困難なことに立ち向かうために努力する姿。それをみているだけでとても元気や勇気が貰えます。

 

 【Amazonプライムビデオ】

 【Blu-ray(ブルーレイ)】

クリード チャンプを継ぐ男 [Blu-ray]

クリード チャンプを継ぐ男 [Blu-ray]

 

 

  

ロッキーとは(簡単な説明)

実際に御覧になったことがなくても「ロッキー」という言葉はご存じではないでしょうか。1976年にアメリカで公開されたボクシング映画です。続編も公開され、全部で6作品あります。劇中に出てくる音楽や名言は聞いたことがあるのではないかと思います。主人公のロッキー・バルボアを演じるのはシルヴェスター・スタローンさん。「ランボー」や「エクスペンダブルズ」(どちらも激しいアクションの映画)など数多くの作品に出演している俳優さんです。

  

【Amazonプライムビデオ】 

ロッキー (吹替版)

ロッキー (吹替版)

 

 

 

壮大なシリーズ作品は準備が必要なときもある

この映画がきっかけでロッキーを初めて観た方がいるのではないでしょうか。自身も知ってはいたのですが観たことがなかったので、ロッキー全作を先に鑑賞しました。今回の場合は1作目が1976年とだいぶ前なので特別な例ですが、シリーズものを途中から知ることがときどきあります。最近だと「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(魔法使いと魔法動物が出てくる物語)を観るために、「ハリー・ポッター」を先に観終えたほうがいいなと思い鑑賞し、少し前だと「ワイルド・スピード スカイミッション」(カーアクション映画)のために1~6作目までを先に観たりと、シリーズものはちょっとした準備が必要なので少しだけ大変なのです。なのですが、知っていくごとに愛着が湧き、続編を楽しめることの面白さにつながります。そして、次作公開日まで幾日も待たなくていいというのも、遅くに知った人の特権だと思います。何を言いたいのかというと、シリーズ作品は最初から観たほうがいいということ。当たり前なんだとは思いますが、自身はこれで何度も失敗しています。衝動的にシリーズ映画を選んでしまうと、やっぱり最初からみればよかったと後悔する羽目になるんですよね。そこから学んだ教訓です。大変だと思っても「ロッキー」の鑑賞をおすすめします(6作品で630分以上ありますが...)。ロッキー・バルボアの物語を知れば「クリード」をより楽しめるはずです。

【Blu-ray(ブルーレイ)】

ロッキー ブルーレイコレクション(6枚組) [Blu-ray]

ロッキー ブルーレイコレクション(6枚組) [Blu-ray]

 

 

 

続編のお知らせ

「クリード チャンプを継ぐ男」の次作がすでにブルーレイ&DVDなどで鑑賞可能です。是非「ロッキー」全6作とこの映画の後にご鑑賞してみて下さい。

ちなみに、「ファンタスティック・ビースト」や「ワイルド・スピード」にも既に続編があります。

 

・「クリード 炎の宿敵」

【Amazonプライムビデオ】

クリード 炎の宿敵(吹替版)
 

 【ブルーレイ&DVD】

クリード 炎の宿敵 ブルーレイ&DVDセット (初回仕様/2枚組/特製ポストカード付) [Blu-ray]

クリード 炎の宿敵 ブルーレイ&DVDセット (初回仕様/2枚組/特製ポストカード付) [Blu-ray]

 

 

 

 ・「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」

 【Amazonプライムビデオ】

 

・「ワイルド・スピード アイスブレイク」

【Amazonプライムビデオ】

 

 

Horirin Movies #10