映画「遺体 明日への十日間」2013

遺体 明日への十日間

↑画像クリックでAmazonプライムビデオへ↑

 

公開日   2013年02月23日

上映時間  105分

ジャンル  ドラマ

監督    君塚良一

出演者   西田敏行
      緒形直人
      勝地涼
      國村隼
      酒井若菜
      佐藤浩市
      佐野史郎
      沢村一樹
      志田未来
      筒井道隆
      柳葉敏郎

 

 

 

<まずは見て知る>

映画って、

フィクションでもノンフィクションだとしても、

スクリーンやテレビ画面を通して、景色や人物、物語が自分の目に入ってきます。

 

そこでいつも思うのは、

現実を何にも知らないしこの目で実際に見てないんだなってこと。

 

実際に起きた出来事がモデルとなっている作品を観たときは特に、それを心の底から痛感します。

 

 

痛感するのは映画だけではなく、

ニュースを見ている時にも。

 

なぜ自分の身に起きたことを誰かに話そうと思わないのか?

と質問された子がつぶやいた一言、

 

「被害に実際に遭ってない人に言っても、自分の気持ちなんか分からない、、」

 

これを聞いたときにショックを受けたことを憶えてます。

 

現実を見たり知ってる方からすれば、

リアルを見てない人なんて、

何を見ようと知ろうと所詮は他人事でしかないのだと。

 

でもね、

液晶画面でもなんでもいいから、

見ないと!知らないと!って。

そう思いますね。

 

そこから先はそのひと次第。

見て何を感じるのか、知ったら誰かに教えるのか、自分にできる範囲で行動に移すのか。

 

そこから先は本当にそのひと次第です。

 

 

 【Amazonプライムビデオ】

遺体 明日への十日間

遺体 明日への十日間

  • 発売日: 2014/06/18
  • メディア: Prime Video
 

 

  

 

 

 

 

感想

 

  

涙が止まらなくて、、

 

悲しい、切ない、

 

とにかく涙が止まらなくてどうしようもない、、

 

頭も痛くなってくるし、

映画を観終わった後は放心状態。

 

こんなに悲しい気持ちになる映画は、他に多くはありません。

 

 

<台本にはない言葉>

僕は映画を観るとき大抵の場合、

その作品のことをほとんど調べずに鑑賞します。

なので、

観終わってからその映画についてしっかり調べたり、メイキングを見たりします。

 

だからこの映画も観た後に、

たくさんの情報が頭に入って来たわけで、、

 

なんでかな、、ってね

そのとき思うわけですよ、、

 

2020年9月8日にこの映画を初めて鑑賞したので、

もしもその情報を先に知っていたら鑑賞しなかったかもしれない。

 

観た後に知ったので、

もうなんでかなって思いました。

 

知らなかったことを知ることができて、

もっと世の中のことを知るべきだと心の底からそう感じたのに、、、

 

これでは、

真実を見てない、知れてない、分かってないじゃないかと、、、

 

でも、

この映画で観たことは全て事実、真実だと、記憶に留めておきます。

だって本当のことだから、、

 

それに、

西田敏行さん本人の物語だと思い込んだら、不快な気持ちもほとんど治まる。

だって、そういう心の持ち主は世の中に必ず存在するので。

 

とは言っても、

この映画を思い出すたびに、心のすみでは、、、

 

けど、すっきりした。

西田敏行さんの物語だと思い込む必要がなくなった。

 

ある映像を見て確信しました。

 

 

この映画は西田敏行さんご本人の物語だと。

 

 

 

Horirin Movies #101