2019年に鑑賞した、最も印象に残った映画【12作品】+【1作品】

2019年に鑑賞した作品の中から、最も印象に残った、影響を受けた、考えさせられたものを、紹介したいと思います。

(※2019年以外に公開された映画も含む)

 

 

印象に残った映画(全8作)

 
「ゲット・アウト」
「ボストン ストロング」
「グレイテスト・ショーマン」
「クリード 炎の宿敵」
「宮廷画家ゴヤは見た」
「マグニフィセント・セブン」
「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」
「ワイルド・スピード スーパーコンボ」
 
 
 

最も印象に残った映画(全4作)

 
 「検察側の罪人」
 
「三度目の殺人」
 
「ナイン・イレブン」
 
「和ちゃんとオレ」
 
 
 
 

 番外編(全1作) 

「ドラゴンボール超 ブロリー」
 
 
 
 
 
 

ひとこと

2019年はこの「Horirin Movies」を始めることが出来ましたが、投稿数が少なく、鑑賞できた映画も多くはなかったので、2020年は鑑賞および投稿を沢山できるようにしたいと思います。
紅白歌合戦では、ドラゴンボールの曲を2つも聞くことができて、感無量でした!!